子供も手が離れたのでブログに挑戦です。

ドラマ「ミス・リプリー」

「ミス・リプリー」は、2011年に放映された、韓国のテレビドラマで、元東方神起のユチョンが主演しています。

「東方神起」は、2005年に、日本でCDシングルデビューし、圧倒的な人気を得ましたが、2010年には、メンバーの3名が脱退しました。
ユチョンを含む3名は、「JYJ」というグループ名で、活動しています。

「ミス・リプリー」のヒロインは、「推奴(チュノ)」でヒロイン役を演じた、イ・ダヘです。
博多で育ったという設定で、博多弁と韓国語の通訳をしたシーンが、印象的でした。

ヒロイン「チャン・ミリ」は、自分を捨てた母親を、最後には許し、前へと歩き始めます。
ミリが裏切ってしまった、幼馴染ヘジョンも、ミリのことを許し、共に歩き出します。

この物語は、どんな理不尽なことも、「許す」ということでしか、それを乗り越え、前に進むことはできない、と教えてくれます。

Comments are closed.